経営幹部なのだからもっと

危機感を持って動いてもらわないと!!

 

幹部達は後継者と一緒に会社を

もり立ててくれるだろうか??

こういったお悩みをお持ちの経営者の皆様へ朗報です!!

「経営幹部経営力アップ研修」開催のお知らせ

中小企業が伸びる過程には様々な段階があると思われます。

開業当初は社長のリーダーシップで突っ走れましたが、いつか成長の踊り場が来ます。

そういった踊り場の時期を乗り切るには、社長の分身と言えるようなリーダーが必要になってきます。

いわゆる「経営幹部」と言われる方々の活躍が必要になってきます。

しかし、そういったメンバーがなかなか上手く育たないとお悩みの経営者の方が多いようです。

また、事業承継を考える経営者の場合も「経営幹部」には「後継者」をもり立てて欲しいのですが、それも上手くいきません・・・

経営者の方の話を聞くとこんなお困り事が聞こえてきます。

 経営幹部の働きを期待しているのに、一般社員と意識が変わらない・・・

 経営幹部なのに経営に対して危機感が足りない・・・

 自分の考えをしっかりと下に伝えて欲しいのだが・・・

 ちゃんと自分の部下を引っ張っていって欲しいのだが・・・

 いつも自信なさげに見える・・・

 後継者と力を合わせて会社を盛り立てて欲しいのだが・・・

こういった経営幹部が6カ月の実践後に目指す姿

 経営幹部としての最低限の知識を身に付け、適切な危機感を共有している

 経営幹部として自信を持って部下と接することが出来ている

 社長の考えを理解して、その「ビジョン」に基づいた行動を取れている

 後継者と共通言語を持って経営に取り組めている

こんにちは。株式会社エンパワーマネジメント代表取締役の林 秀樹です。1F4A1412-D

私は仕事柄、経営者のお困り事を数多く聞く立場におりますが、最近多くなっているのが「幹部育成」に関するお困り事です。

「期待して管理職に任命したものの、期待したほどの動きを見せてくれない」

「いきいきと仕事に取り組んでくれると思ったが悩んでいるようだ・・・」

「部下や後継者とうまくいっていないようだ・・・」

こんな声が聞こえてきます。

皆様も心当たりはあるのでは??

特に事業承継の時期が近づくとこのお悩みは深刻になってくるようです。

「事業承継を考えている後継者(息子、娘)が現在の幹部を引っ張っていけるか不安に感じている・・・」といった悩みも多いようです。

こういった状態になってしまうのは何が原因なのでしょうか??

私は「共通言語の不足」だと考えています。

お互いに経営に対しての知識もバラバラ、会社のビジョンへの理解度もバラバラ。なによりお互いのメンバー同士の理解もバラバラ。このような状態だとなかなかうまくいきません・・・

当社ではこのような状態を脱するために、合計6つのカリキュラムから成る「経営幹部活性化研修」を開発致しました。

お申込み、お問合せはこちらから

「経営幹部経営力アップ研修」カリキュラム

NO1

「キャッシュフロー経営の基礎的な考え方を理解しよう」

・7つの数字を抑えるだけで得られる会社にお金を残すための究極のノウハウとは??

・経営幹部にとって学ぶべき「お金」の話と学んではいけない「お金」の話とは??

・決算書なんて読めなくても大丈夫!!高校生でも分かる「お金」の話で経営判断を8割OKにする方法とは??

NO2

「社員が会社の利益を意識する!!経営数字の伝え方5つのポイント」

・社員が危機感を持たない理由とは??

・社員に数字を理解させるためにやってしまうと深刻な事態を招くNG行動とは??

・社員に経営数字を伝える際に絶対に外せない「5つのポイント」とは??

・丸パクリOK!!このまま伝えれば、新入社員でも楽々理解が進みます!!

NO3

「社員と共に成長するためのビジョナリーコーチング」

・「自立型社員育成」のために必要なコーチング手法とは??

・社員の行動を促す「目の覚めるような質問集」大公開!!

・ナイスな気付きやアイデアを生み出す場の作り方とは??

・コーチングスキルアップで「ベテラン社員」に当り負けない接し方とは??

・たった4つの質問で雑談が「コーチング」に変わる!!

NO4

「ミーティング活性化のポイントとは??

・1対多のコミュニケーションのポイントとは??

・誰も発言しない・・・社員の発言を圧倒的に引き出す「3ステップ」とは??

・ミーティングの効果を倍増させる「フィードバック」のポイントとは??

・明日から出来る!!リーダになるために必要な心構えとは??

NO5

「正確なコミュニケーションのポイントとは??

・仕事のミスの90%はコミュニケーション不足が原因で発生する??

・2種類のコミュニケーション不足とは??よりやっかいなのは??

・正確なコミュニケーションの難しさを体験しよう!!

・何度教えても何度教えても何も変わらない原因とは何か??

NO6

「仕事にワクワク感を!!セルフビジョン作成法!!」

・人生設計に必ず必要なセルフビジョンとは??

・仕事がやらされ感に陥ってしまう社員の特徴とは??

・目標を達成する可能性を10倍アップし、トップ3%に入るための手法とは??

・ビジョン実現のための「アクションプラン」を作ってみよう!!

・「脱★完璧主義」でOK!!完成した「セルフビジョン」「アクションプラン」大発表会!!

「経営幹部経営力アップ研修」

で得られる3つの成果

1.幹部、後継者も含めて共通言語を得ることが出来る!!

中小企業はなかなか研修に時間を割くことが出来ません。そのため「あうんの呼吸」で仕事が行われることが多いようです。一定期間をかけて集中的に同じ研修を受けることで、社内のリーダーが「共通言語」を持つメリットは今後大きく役立つことは請け負います。

2.経営幹部の危機感の欠如の原因がはっきり分かり、

その解消法まで落とし込めます

社員や経営幹部と経営者の立場の違いから来る危機感の欠如。これはあらゆる組織で永遠のテーマと言っても過言ではないほど昔からの経営課題となっています。この研修でその原因を追及し、更に経営幹部自らが自分の部下にも「適度に」危機感を持たせられるきっかけを身に付けることが出来ます。

3.経営幹部に必須のスキルである「コミュニケーション」

の型を身に付けることが出来る

経営幹部は「経営者」と「部下」の間に挟まれて大変な立場にいると思います。そんななか管理職に必須のスキル「コーチングスキル」について徹底的にお知らせ致します。特に部下とのコミュニケーションの常識は全て非繰り返して行いますので、新鮮な驚きがあるようです。

お申込み、お問合せはこちらから

受講者の声

 会社のお金の流れ、会計に対しては苦手意識があったが、この捉え方だと簡単に理解できた

 社員のモチベーションアップの方法が分かったので早速試してみたい

 部下とのコミュニケーションは正直苦手だったが、早速教えてもらった手法を試したい

 社員への「会社のお金流れの伝え方」の実演では知識のない人への伝え方がよく分かった。自分自身も理解が深まった

 課題を共有して解決策を見つけるための1つの手法を知ることで今後のミーティングのやり方が整理できたと思います

 リーダーになるにはやはり「覚悟」が必要だと改めて意識することが出来ました

「経営幹部経営力アップ研修」が選ばれる理由

1.日本でトップクラスの教えを学ぶことが出来る

・この講座は講師が独自に作り上げた講座ではございません。講師独自に築き上げた人脈から得た日本トップクラスのコンサルタントやビジネスベストセラー作家から得た学びを元に、講師自身の体験を交えて構成されております。地方にいながら日本トップクラスも学びを得ることが出来ます!!

2.講師自身の実績も抜群

講師自身も積極的に全国を飛び回りコンテストなどにも参加しております。

・平成28年にはセミナー講師の全国コンテストに出場。トップ9名が残る決勝戦に勝ち残り。

・平成29年には当時250名(平成31年年1月現在約500名)のコンサルタントが所属する「日本キャッシュフローコーチ協会」主催の「第2回MVPコンテスト」にて代表6名に選ばれ、約400名の前でプレゼンを行う。

・講師の師匠である和仁達也先生の著書「コンサルタントの経営数字の教科書」に自社のコンサル事例を寄稿。

・一部上場企業等々からの講師依頼多数。

等々確かな実績を誇ります。

3.カリキュラムからお好きなコースを選択可能

・カリキュラムが合計6つ準備されております。本来でしたら6つ全てを受講されることをお勧めしておりますが、御社の幹部の皆様の弱い部分を集中的に鍛えて頂いても結構です。選んで頂いたカリキュラム数によって料金が決まってきます。

「経営幹部経営力アップ研修」

開催要項

 6つの開催カリキュラムからお好きなカリキュラムをお選び下さい。1つのカリキュラムに要する時間は約3時間とお考え下さい。

 定員:20社様

 受講料:120,000円(税別)1カリキュラム当り

       全コース申込みで特別料金600,000円(税別)となります。

   事前振り込みとなります。お申込み終了後、請求書を送付致します。

 資料の印刷等お願い致します。宮城県外の場合は交通費を別途申し受けます。

 

講座受講者3つの特典!!

「経営幹部活性化研修」を受講して頂いた皆様には以下の3つの特典をお付けいたします!!

1.回数無制限の個別相談

研修受講中、講師に無制限でメール相談をすることが出来ます。何でも相談が出来るので、講師の個別コンサルを受けるかのようです。

2.アレンジ可能なカリキュラム

当社独自のカリキュラムはご準備しておりますが、御社独自の「お困り事」に沿ったカリキュラムを可能な限りご準備致します。全てのご要望にお応えできるわけではありませんが、是非ご相談下さい。

3.講師が使うツールの提供

講師がコンサルの現場で使うツールを加工可能な形でプレゼントいたします。社員と自分の行動が加速して、ミーティングが活性化する「振返りシート」や会社の利益を倍増させる「利益倍増キャッシュフロー着眼点モデルシート」など、明日から使えるシートをプレゼントいたします。

お申込み、お問合せはこちらから

講師 林 秀樹プロフィール

1972年仙台市生まれ。

林労務経営サポート代表 成長支援キャッシュフローコーチ 

仙台一高から中央大学商学部を経て、株式会社伊藤園入社。

入社後は、仙台支店、福島支店、水沢支店にて飛込み営業とルート営業でミッチリ絞られる・・・

独立の夢を捨てきれず、平成13年9月に林労務経営サポート開業。平成30年5月に株式会社エンパワーマネジメント設立。代表取締役就任。

独立当初は全くの0からのスタートだったが、大手保険会社との連携を早急に構築。当初は中小企業の助成金受給業務のサポートに注力し、中小企業約200社の助成金受給に成功。助成金の受給成功確率は100%を誇る。

その後コンサル業務に軸足を移すが、経営者のお悩みのトップ3に必ず入ってくる「お金」のお悩みを解決できない現状から、それまで逃げていた経営数字の学びを始める。

決算書を全く読みこなせず人知れず苦労する。笑われバカにされ、悔しい思い数知れず。様々なセミナーに出たり、本を読んだりしたが、全く理解が進まない。

その結果、ビジョナリーパートナー和仁達也先生の教えを受け、平成27年には、「一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会」に「キャッシュフローコーチ」として登録し、お金の話を簡単に伝えるコツをやっと掴む。「お金のブロックパズル」を活用した「脱★ドンブリ経営実践セミナー」の受講者からは「今まで数多くの財務コンサルタント等のセミナーを受けてきたが、初めて会社のお金の流れが理解できた!!」「今までのセミナーの中で一番分かりやすかった」「社員教育で早速この話を使いたい!!」「自分の知り合いでセミナー講師を探している人がいるので直ぐに紹介したい!!」等々の嬉しい声を頂く。

強みは、経営数字が分からない人の気持ちが誰よりも分かる。最初から数字に強い人には見つけられない着眼点を活用したセミナーは日々進化中。

平成28年には「商工会議所に呼ばれる講師オーディション」に出場。全国からセミナー講師が集まる中、見事9名だけが残ることが出来る決勝に勝ち残る。

平成29年には、和仁達也先生の著書「コンサルタントの経営数字の教科書」に自社のコンサル事例を寄稿。好評を得る。

また、所属する「日本キャッシュフローコーチ協会」では、全国の約250名のコンサルタントの中から代表6名に選ばれ「第2回日本キャッシュフローコーチ協会MVPコンテスト」に登壇。約400名の前でプレゼンを行う。

現在は「成長支援キャッシュフローコーチ」として、経営数字を使って経営者の本業発展に貢献するとともに、これも現在の経営者の大きな悩みである「人」の問題に関するコンサルにも積極的に取り組む。

「成長支援キャッシュフローコーチ」として「街で噂の会社作りをサポート」がミッション。カンパニースピリッツは「ワクワク共に成長できるコンサルティング」

中小企業を中心にセミナーやコンサルで「とにかく分かりやすく!!」をモットーにコンサルに日々取り組む。

 

主なセミナー依頼受託先

日本政策金融公庫様、仙台銀行様、角田市商工会様、富士火災海上保険株式会社様、AIG富士生命保険株式会社様、AIU損害保険株式会社様、ピー・シー・エー株式会社様、リコージャパン株式会社様、東京海上日動あんしん生命保険株式会社様、三井生命保険株式会社様、東芝テック株式会社様、宮城県トラック協会青年部会様、仙台泉倫理法人会様、さくら倫理法人会様

 

Copyright (C) 2018 株式会社エンパワーマネジメント All Rights Reserved.

特定商取引法の表記 | 個人情報の取り扱いについて