なぜうちには

優秀な社員が来ないんだ??

「集める採用」から「集まる採用」へ!!

こんなお悩みをお抱えの経営者、人事担当者の皆様。

実は、その問題は、応募者の問題では無くて御社自身の問題かも!!

 

採用問題の解決には「全員参加型経営」!!

採用にお悩みの皆様。自社の採用、定着がうまくいかないのを周りのせいにばかりしていませんか??例えば・・・

1540_32 最近の若いもんは、我慢が足りない・・・

1540_32 内定を出しても簡単に裏切る・・・

1540_32 求人広告の営業マンを信じて任せたのに、一向に集まらない・・・

1540_32 求人広告の営業マンはプロのはずなのに、プロ意識が足りなんじゃないか・・・

1540_32 人事担当者は、全く優秀な人材を集めて来ない・・・

1540_32 せっかく優秀な人材を取ったのに、優秀な人ほどすぐに辞めてしまう・・・

皆様こんにちは!!「成長支援キャッシュフローコーチ」の林 秀樹です。

現在は、中小企業に限らず、大企業でも採用は冬の時代です。1F4A1412-D

今後は、少子高齢化に伴い、労働力人口の減少によって、より厳しい時代を迎えることになります。

実際、人が取れなくて、店舗の閉鎖に追い込まれる飲食店等のニュースが流れています。

将来的には、人が取れる企業と人が取れない企業でクッキリと勝ち組と負け組に分かれてくるでしょう。

人が取れない企業は、仕事があっても、それを行う人がいないことで倒産にまで追い込まれる時代がすぐそこにまで迫っています!!

しかし、この重要な問題を明確な経営課題と捉えて、対策に打って出ている中小企業はほんの一握り。特に地方では殆ど取り組みが進んでいません・・・

逆にこれは大チャンスです!!

早めに対策に取り組むことで、他社に差を付けることが可能です!!

しかし、一体何から手を付ければ良いのか??全く見当がつかない・・・

ここで行われる、いわゆる小手先改革の典型例を挙げてみましょう。

1540_32 ハローワークに募集を出していたのを有料の求人広告に切り替えてみようか

1540_32 いままで新卒を取っていなかったから、新卒を取ってみようか

1540_32 お給料を上げれば、優秀な人材が来るかなぁ

1540_32 大企業や銀行のOBを採用して、任せてみようか

こういった方法は、採用改革を行うにあたって、必要になる場合もあるかもしれません。

ですので、こういった方法を行うことを否定はしませんが、一番大事なポイントが抜け落ちています!!

採用改革を行う際の一番のポイントとは??

採用改革を行うにあたっての一番大切なポイントとは、社内全体の意識改革です。

採用は、特に中小企業の採用は、人事部や外部の業者に全部お任せで進めても改善は進みません。

かと言って、お金をかけて(お金をかけることも必要ですが・・・)も改善は進みません。

まずは、社内で採用は全社一丸で取り組むんだ!!という意識改革がとてもです。

何よりもトップの意識改革が必要です。丸投げしていい問題では決してありません。

でも社内一丸と言っても・・・雲をつかむような話でピンとこない・・・

そう思われる方も多いことでしょう。

そんな皆様へ質問です。特に現在採用を考えている会社の方へ質問です。

「御社は一体どんな人を取りたいですか??」

こういう風に質問すると、皆様異口同音に、「優秀な人が欲しい!!」と答えます。

それはそうですよね。

では、「優秀な人の定義が社内でどこまで共有化できていますか??」

「・・・・・・」

こうなってしまいます。

例えば・・・

人事部長「今回はお金もかけたおかげで沢山応募があった!!その中でも一番優秀な人材を取れたぞ!!

営業部長「一番優秀な奴を取ったって聞いてたけど、全然ダメじゃないか!!だから人事は現場が全然分かってないんだよなぁ・・・

人事部長「せっかく一番優秀な人を取ったのに、現場の連中は育成が全くできないなぁ・・・これじゃぁ人事がどんなに頑張ってもダメだよ・・・」

どこかで聞いたような会話では??

この繰り返しでは、お金と時間の無駄遣いですよね・・・

客観的にみると、この部分からでも改善点が見えてきませんか??

営業部で欲しい”優秀な”人材と人事部が考える”優秀な”人材に大きな乖離があるわけです。このミゾを埋めるだけで大分改善されると思いませんか??

採用は、社内全体で取り組むべき!!

つまり「全員参加型経営」の必要性は分かって頂けますよね??

もちろんこれはほんの一例です。それ以外にも採用を改善させる手法は数多くあります。

林労務経営サポートの採用コンサル

林労務経営サポートの採用コンサルでお手伝いできること

1540_32 「全員参加型経営」の導入で、採用コスト削減と離職率低下のサポート

1540_32 社内の共通言語の作成をサポート

1540_32 社内コミュニケーションの活性化をサポート

1540_32 社内の育成体制の整備をサポート

1540_32 採用コストを掛けた際のキャッシュフローへの影響シミュレーション

1540_32 街で噂の会社作りをサポート

林労務経営サポートの採用コンサルでお手伝いできないこと

1540_32 丸投げを受けて、今すぐ応募者を劇的に増やす

1540_32 丸投げを受けて、優秀な人材を劇的に増やす

1540_32 丸投げを受けて、会社を劇的に改善する

「とにかく丸投げで全て任すよ!!」

「今すぐ優秀な人が欲しいんだよ!!何とかしてよ!!」

「採用は面倒だし、利益に関係ないし、全部やってくれないか??」

その様なサービスをお望みの会社様には残念ですがお手伝いはできません。

本気で、全社的に改善に取り組みたい!!とお考えの方は是非ご検討下さい。

私も全力でサポートさせて頂きます!!

 

採用コンサルのゴール

採用コンサルにももちろんゴールがあります。

そのゴールとは、キーワードは幾つかありますが、最終的には社内全体に採用のノウハウを蓄積して、「集める会社」から「集まる会社」へと生まれ変わるということです。もちろんそのノウハウは、その会社特有の物です。

なぜ特有の物なのでしょうか??

それは、会社それぞれにカラーがあって、ビジョンがあるからです。

つまり、求める人材がそれぞれ違うからです。

そのノウハウが蓄積されれば、外部の業者に委託して採用広告を出す際にも、あるいは採用のHPを作る際にもしっかりとした軸を持って進められます。

採用広告の営業マンとの打ち合わせもより具体的な打ち合わせになっていきますね。

会社のビジョンと求める人材をしっかりと言語化できて伝えられれば、より素晴らしい物が出来上がるはずです。

「とりあえず前回と同じでいいや!!」

「いっぱい優秀な人が集まるようにカッコよく作ってよ!!」

と言われても、営業マンも困ってしまいますよね。

そんな事の無いように、しっかりと社内の皆様だけでしっかりとした体制を作って頂いて、受け継ぐべき素晴らしいノウハウを作って頂くのが、林労務経営サポートの採用に限らず、コンサルのゴールになります!!

採用コンサルの料金


採用コンサルの料金は、毎月1回の訪問で、6か月~1年の契約。もちろん更新も可能です。

採用コンサルは、行うコンサルサービスメニューによって違いますが、

月額10万円~20万円(税別)となっております。

現在初回1時間の無料相談を受け付けております!!無料相談のお申し込みは、下記からお気軽にどうぞ!!

※対応は宮城県内とさせて頂いております。

※契約期間は6か月~1年とさせて頂いております。もちろん更新も可能です。契約更新の際は必ず更新の意思確認をさせていただきます。

「採用コンサル」に関してお問い合わせ及び無料相談のお申し込みはこちら

林 秀樹プロフィール

1972年仙台市生まれ。

林労務経営サポート代表 成長支援キャッシュフローコーチ 

仙台一高から中央大学商学部を経て、株式会社伊藤園入社。

入社後は、仙台支店、福島支店、水沢支店にて飛込み営業とルート営業でミッチリ絞られる・・・

独立の夢を捨てきれず、平成13年9月に林労務経営サポート開業。

独立当初は全くの0からのスタートだったが、大手保険会社との連携を早急に構築。当初は中小企業の助成金受給業務のサポートに注力し、中小企業約200社の助成金受給に成功。助成金の受給成功確率は100%を誇る。

その後コンサル業務に軸足を移すが、経営者のお悩みのトップ3に必ず入ってくる「お金」のお悩みを解決できない現状から、それまで逃げていた経営数字の学びを始める。

決算書を全く読みこなせず人知れず苦労する。笑われバカにされ、悔しい思い数知れず。様々なセミナーに出たり、本を読んだりしたが、全く理解が進まない。

その結果、ビジョナリーパートナー和仁達也先生の教えを受け、平成27年には、「一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会」に「キャッシュフローコーチ」として登録し、お金の話を簡単に伝えるコツをやっと掴む。「お金のブロックパズル」を活用した「脱★ドンブリ経営実践セミナー」の受講者からは「今まで数多くの財務コンサルタント等のセミナーを受けてきたが、初めて会社のお金の流れが理解できた!!」「今までのセミナーの中で一番分かりやすかった」「社員教育で早速この話を使いたい!!」「自分の知り合いでセミナー講師を探している人がいるので直ぐに紹介したい!!」等々の嬉しい声を頂く。

強みは、経営数字が分からない人の気持ちが誰よりも分かる。最初から数字に強い人には見つけられない着眼点を活用したセミナーは日々進化中。

特に最近は「脱★ドンブリ経営実践セミナー」をアレンジした社員向けの研修セミナーが大好評。社員研修を受けた受講者からは「社長が売上目標達成!!利益確保!!と日々行ってくることの意味がやっと分かった」「売上よりも粗利が重要だという考え方は全く新しい視点だった」「客単価を上げる話が興味深く、単価を上げることにこれまで後ろめたさがあったが、単価を上げる=お客様が必要としている物を提案するという考え方は全く新しい気付きだった」等の声を頂く。

平成28年には「ネクストフェイズセミナーオーディション」に出場。全国からセミナー講師が集まる中、見事9名だけが残ることが出来る決勝に勝ち残る。

現在は「成長支援キャッシュフローコーチ」として、経営数字を使って経営者の本業発展に貢献するとともに、これも現在の経営者の大きな悩みである「人」の問題に関するコンサルにも積極的に取り組む。

「成長支援キャッシュフローコーチ」として「街で噂の会社作りをサポート」がミッション。カンパニースピリッツは「ワクワク共に成長できるコンサルティング」

中小企業を中心にセミナーやコンサルで「とにかく分かりやすく!!」をモットーにコンサルに日々取り組む。

 
主なセミナー依頼受託先
 

日本政策金融公庫様、角田市商工会様、富士火災海上保険株式会社様、AIG富士生命保険株式会社様、AIU損害保険株式会社様、ピー・シー・エー株式会社様、リコージャパン株式会社様、東京海上日動あんしん生命保険株式会社様、三井生命保険株式会社様、東芝テック株式会社様、仙台泉倫理法人会様、さくら倫理法人会様

 

Copyright (C) 2015林労務経営サポート All Rights Reserved.

特定商取引法の表記 | 個人情報の取り扱いについて