経営にワクワク感が出てこない・・・

会社の目標を明確に打ち出せない・・・

 

ビジョンに導かれた経営を取り戻すために

「ワクワク経営ビジョン作成」セミナー

開催依頼受付中

中小企業経営者向けセミナー

の新しいコンテンツをお探しの皆様

中小企業の経営者は意外とこんな事で悩んでいませんか??

1540_32 何となく毎日が流れていて、社内にマンネリ感が漂う・・・

1540_32 経営理念は作ってみたが、なかなか社内に浸透しない・・・

1540_32 自分の会社ならではの強みや特徴を打ち出したいが・・・

1540_32 優秀な社員から先に退職していってしまう・・・

1540_32 社内に共通言語が出来ればいいのだが・・・

1540_32 一致団結目標に受かっていきたい!!

1F4A1412-D

こんにちは。全員参加型経営推進サポーターの林 秀樹です。

私は、「一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会」登録のキャッシュフローコーチとして、経営数字を使って、経営者の意思決定をサポートし、社長と社員の危機意識のギャップ解消を行い、経営者が本業に集中できて行動がより加速するお手伝いをしています。

その様な活動をしていくうえで、私がとても大切にしていることが一つあります。

それは・・・

「会社のビジョンの言語化」です。

私の主なクライアントである中小企業では、社内で共有できるビジョンの言語化が十分に進んでおりません。そのために、社内の日々の業務がマンネリ化してきてしまい、惰性で仕事に取組む様になってしまいます。

社内の共通言語「ビジョン」作成の勧め

ところで、ビジョンという言葉を聞いたことがありますか??言葉だけなら聞いたことがあると思います。

実は私が、クライアントのコンサルに入る時に一番最初にやる作業が「ビジョンの言語化」です。

なかには・・・「あれっ??キャッシュフロー経営の導入から手を付けるんじゃないの??」

と思われる方が多いのですが、もちろんそれも行いますが、同時進行で「ビジョンの言語化」を徹底的に行います。

それは何故か???その疑問にお答えする前に、「ビジョン」の言葉の定義を行いますね。

「ビジョン」とは、「理想の状態」のことを言います。これが正確な英訳かどうかはこの際あまり関係ありません。

1年後、3年後、10年後。その時にどんな状態になっているか???どんな景色が見えているか??

それをしっかりと定めます。

それでは、何故私が「ビジョン」を重視するのか??

やはり将来の目標が全く無いまま経営を行う場合と、しっかりと社内で共有できる目標がある場合の違いは分かりますね。ここがフワフワしている中小企業が多いので、まずはそこをしっかりと固めないと、コンサルも進まないし、そもそも私がクライアントの経営者の考え方が何も分からないままコンサルを進めるのはお互いにストレスが溜まります。

でもでも・・・

いきなりビジョンを作れ!!と言われても、何から手を付ければ良いのやら??

一応経営理念は有るけども、社内に浸透しないんだよね・・・

そんなお声にお応えするために・・・この度

「ワクワク経営ビジョン作成セミナー」の開催をご提案いたします。 

セミナー内容

1540_32 ビジョン作成の重要性

1540_32 ビジョン実現のために必要な「ミッション」「カンパニースピリッツ」「セルフイメージ」の関係性

1540_32 「ミッション」とは??「ミッション」を考えよう!!

1540_32 「カンパニースピリッツ」とは??「カンパニースピリッツ」を考えよう!!

1540_32 「セルフイメージ」とは??「セルフイメージ」を考えよう!!

1540_32 「ビジョン」を考えよう!!

1540_32 「ビジョン」を社内の共通言語へ!!

このセミナー、ビジョン作成で得られるメリット

 

1540_32 社内に共通言語が出来るので、一致団結の軸ができる

1540_32 会社が求める人材が集まりやすくなる

1540_32 売上目標、利益目標の達成意欲、最後の一押し、執念が全社的に変わってくる

1540_32 会社の強み、特徴が明確になる事で、社員が胸を張って会社を紹介できる

1540_32 社員の定着率がアップする

1540_32 仕事に対するワクワク感が出て、マンネリ感から脱却できる

社員全員が一致団結して進むには、社内のビジョンが明確になっていることが必須です!!

このセミナーをきっかけに、社内の共通言語作成に取組みましょう!!

そして、マンネリ経営からワクワク経営に生まれ変わりましょう!!

「ワクワクビジョン作成セミナー」開催要項

1540_32 開催時間:2時間~3時間

1540_32 最低開催人数:5社

1540_32 費用:10万円~(交通費、宿泊費別途)

「ワクワクビジョン作成セミナー」

開催にご興味をお持ち方は、

お気軽にお問い合わせください!!

 

「ワクワクビジョン作成セミナー」開催依頼、お問合せはこちら

林 秀樹プロフィール

1972年仙台市生まれ。

林労務経営サポート代表 成長支援キャッシュフローコーチ 

仙台一高から中央大学商学部を経て、株式会社伊藤園入社。

入社後は、仙台支店、福島支店、水沢支店にて新規開拓営業とルート営業をこなす。

独立の夢を持ち、平成13年9月に林労務経営サポート開業。

独立当初は大手保険会社等との連携で助成金受給のサポートに注力し、中小企業約200社の助成金受給に成功。

 
助成金を中心に活動していたが、コンサルタントとして活動するには、経営者のお悩みのトップ3に必ず入ってくる、お金のお悩みを解決できないといけないと考え、それまで逃げていた経営数字の学びを深める。とにかくお金の話、決算書の理解には大いに苦しむ・・・
 
 
その結果、ビジョナリーパートナー和仁達也先生の教えを受け、平成27年には、「一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会」に「キャッシュフローコーチ」として登録し、「決算書を読めなくても大丈夫!!経営数字の2割を理解すれば、経営判断の8割は決断できる」という信念でコンサルを行う。
 
 
和仁達也先生直伝の「お金のブロックパズル」を活用したコーチングは、「とにかく分かりやすい」「やっと自社のお金の流れ、現状が理解できた」「勘に頼った経営判断から脱却できる」との嬉しい声を頂く。
 
 
 
 
現在は「キャッシュフローコーチ」として、経営数字を使って経営者の本業発展に貢献してするとともに、これも現在の経営者の大きなお悩みである「採用」をはじめとする、人に関するコンサルに積極的に取り組む。
 
 
「成長支援キャッシュフローコーチ」として、「街で噂の会社作りをサポート」がミッション。
 
 
中小企業を中心にセミナーやコンサルで、「とにかく分かりやすく!!」をモットーにコンサルに日々取組む。
 
 
主なセミナー依頼受託先
 

日本政策金融公庫様、角田市商工会様、富士火災海上保険株式会社様、AIG富士生命保険株式会社様、AIU損害保険株式会社様、ピー・シー・エー株式会社様、リコージャパン株式会社様、東京海上日動あんしん生命保険株式会社様、三井生命保険株式会社様、東芝テック株式会社様、仙台泉倫理法人会様、さくら倫理法人会様

 

Copyright (C) 2016 林労務経営サポート All Rights Reserved.

特定商取引法の表記 | 個人情報の取り扱いについて